☆プッチ☆日記

免疫介在性血小板減少症2日目

2日目午前中に病院

血液検査するも 相変わらず血小板は「0.0」

ステロイド注射をしてこの日から投薬を始める。

プレドニゾロン5mg (ステロイド) 2錠
ウルソデオキシコール酸 (肝臓) 1錠
Baytril (抗生剤)       0.5錠
ファモチジン(胃薬)      0.5錠
アトピカ50mg(シクロスポリン)   1錠

プレドニゾロンで免疫を抑えつつ、効果が出るのが遅いアトピカも同時使用
時間をかけて副作用の強いプレドニゾロンを減薬してアトピカに切り替えていく作戦

もしかすると原因は骨髄にあるかもしれない。
でも骨髄検査をすると麻酔をかけてワンコにつらい思いをさせるし、なによりも血小板が「0.0」の状態で体に針を刺すのはなるべく避けたいこと
治療方法は、原因が免疫介在性でも骨髄に問題がある場合でも同じ。
ワンコの骨髄の移植とかはないらしいから、とりあえず、お薬で様子を見ることにする。

散歩もしばらくお休み
免疫抑制をしているので草むらは絶対ダメ
ほかのワンコとの接触も気をつけるように

朝から何も食べてくれなかったけど、晩御飯と薬はしっかりと食べてくれて一安心

この日の夜、アトピカを飲ませておやすみ
でも、やっぱり夜中になって嘔吐
しっかり食べた晩御飯はすべて出し切ってしまった。

チッコもまだ、血尿だし
膀胱炎みたいに何度もトイレに行っては血を3滴くらい出して帰ってくる。
もう、辛そうで……


来てくれてありがとう!
ランキング参加中 ついでに 
↓ぽちっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ



[PR]



by moro-ro | 2017-03-26 13:53 | 血小板減少症 | Comments(0)

2009年生まれ。びびりーで、たまに強気?干し芋大好き!<LINK FREE>
by moro-ro(プッチママ)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

外部リンク

ファン