☆プッチ☆日記

ステロイドとアトピカ投与中の抜歯

プッチの前歯は歯牙骨折をしていて、ずいぶん前から歯医者さんから「この歯はいつ抜けてもおかしくないよ。そこから歯周病になるからと」と言われて、定期的に通っていました。
しかし、3月に免疫介在性血小板減少症になってしまい、ずっと行けずじまい。

血小板減少症の先生に「歯医者行ってもいいですか?」と尋ねたところ、「どんな治療をするのか、わからないけどステロイドと免疫抗生剤飲んでるからどうかな?担当の先生に免疫介在性血小板減少症のことを話してね」

それからしばらくして歯医者さんへGO!
免疫介在性血小板減少症のこと、ステロイドと免疫抗生剤のこと、薬が効いて現在は落ち着いていること等、お話した後、超音波で歯の掃除をしてもらいました。

その際、先生から
「ステロイドは歯を弱くするんだよね。免疫抗生剤は歯茎を肥大させるし」
 え~っ!そんな副作用、聞いてないよ!!!!

更に
「この前歯3本、グラグラだから抜いちゃおうか?」
「ほら、これは手でも抜けちゃいそう。抜いちゃいますか?」
ついうっかり
「はい」と言ってしまった。
そして、その場で麻酔なしでピンセットでスルッと1本抜歯!
あと2本はちょっとピンセットでは抜けなそうなので奥へ行って抜いてもらいました。
もちろん、麻酔なしで…"(-""-)"

奥へ行った後、「あっ、免疫抗生剤飲んでるのに大丈夫なのかな?ショックで血小板減少症、再発したらどうしよう」と超不安に…
でも抜こうというのは先生の提案だからきっと大丈夫…でも不安…

ほどなくして、プッチ戻ってきました。
今は大丈夫みたい…
自宅ケアは、以前から使っていたオーラルジェルに抗生剤が入ったものを一日2回歯茎に塗ります。
f0223972_06344533.jpg
下の前歯3本抜きました。

この日、せっかく駒沢まで来たのでちょこっと寄り道したかったのですが、思いもよらず抜歯されてしまい、プッチの体のことを考えて直帰しました。

自宅に帰ってからもお腹に紫斑が出てないか、血尿出てないか、目が血走ってないか等々、ずっと見張ってましたが、そんな症状もなく少し眠ったらいつも通り元気に(^^♪

翌々日に血液検査があるので、そこではっきりするはず。



来てくれてありがとう!
ランキング参加中 ついでに 
↓ぽちっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ



[PR]



by moro-ro | 2017-08-14 06:42 | 怪我、病気 健康 | Comments(0)

2009年生まれ。びびりーで、たまに強気?干し芋大好き!<LINK FREE>
by moro-ro(プッチママ)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

外部リンク

ファン

画像一覧