☆プッチ☆日記

2017年 03月 24日 ( 1 )




血尿とお腹の赤い斑点は…(備忘録)

プッチ3月6日で8歳になりました。
f0223972_19323653.jpg
これからも元気で楽しく暮らそうねってご機嫌だったのに…
3月10日からは、ばあちゃんと飼い主♂♀とプッチの4人で
箱根に行く予定でウキウキだったのに…

それは3月9日の午後8:30過ぎ
プッチ、血尿っ!
チッコが赤いだけじゃなくて 点々と床に血が落ちてる!

びっくりしてプッチを抱きかかえて、ネットで検索!
「犬 血尿」ググるとそんなに急を要する必要はない様子!
でもお腹を見ると赤い斑点が!
f0223972_19303462.jpg
かかりつけ医にTELするも留守電
もう一つのちょっと大きめの病院にTEL こちらはつながって夜勤の先生と話したところ、血尿よりもお腹の斑点の方が気になるので来てくださいとの事

血液検査の結果
なんと、血小板が「0.0」
ほかの数値は許容範囲
顕微鏡でみると血小板が全くないわけではないが、極少ない様子

血小板「0.0」の根拠を探すためにレントゲンとエコー
レントゲン特に問題なし
エコー 膀胱に血がたまっているのが確認できる。

先生いわく
「おそらく 免疫介在性血小板減少症 でしょう。早く来てもらって正解でした」

何らかの影響で免疫機能が血小板を攻撃して減少させてしまい、体の血が止まらなくなってしまう病気。症状は血尿、血便、鼻血、歯茎の出血、眼球の出血 腹部の紫斑などでプッチの場合は血尿と紫斑、あと歯茎も少し出血してました。
血液検査で貧血にはなっていないけど、明日の午前中もう一度検査して貧血がひどいようなら輸血をしないといけない。

30%が亡くなってしまう病気らしいっ!

処置は、ステロイドの注射
夜なので薬は無し

翌日からの箱根旅行は飼い主♂とばあちゃんの二人で行ってもらうことになり、飼い主♀とプッチは留守番になりました。

この病気のこと、ネットでたくさん出てるんだけど、ググってみても経過がどうなって結果がどうなるっていうようなブログが、少なくてとっても不安でした。
備忘録も兼ねて少しずつ綴っていきたいと思っています。


来てくれてありがとう!
ランキング参加中 ついでに 
↓ぽちっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ



[PR]



by moro-ro | 2017-03-24 22:43 | 血小板減少症 | Comments(0)

2009年生まれ。びびりーで、たまに強気?干し芋大好き!<LINK FREE>
by moro-ro(プッチママ)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

外部リンク

ファン