☆プッチ☆日記

カテゴリ:血小板減少症( 23 )




免疫介在性血小板減少症3日目

3日目

血尿、薄い色になったものの 辛そうなのは変わりない
トイレ以外でも床に点々と赤いものがつくようになった。
チッコのキレも悪くなったみたい。

あまりにも辛そうなので 病院へ
担当医はお休みだったけど、この際 どんな先生でもいいっ!

朝ごはんも食べてないから まず点滴
一緒に吐き止め、止血剤入れてもらう。

お薬 また増えた。
マーロックス(胃粘膜保護)→ごはんの30分前に水に溶かして飲ませる
セレニア(吐き止め)→アトピカと一緒に

アトピカ50mgって結構大きくてカプセルだから強引に飲ませて喉に張り付かないか心配…

晩御飯は少量ながら食べてくれたっ!
うんちも良好

お腹の紫斑も少しずつ、消えてる。


来てくれてありがとう!
ランキング参加中 ついでに 
↓ぽちっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ



[PR]



by moro-ro | 2017-03-27 07:15 | 血小板減少症 | Comments(0)

免疫介在性血小板減少症2日目

2日目午前中に病院

血液検査するも 相変わらず血小板は「0.0」

ステロイド注射をしてこの日から投薬を始める。

プレドニゾロン5mg (ステロイド) 2錠
ウルソデオキシコール酸 (肝臓) 1錠
Baytril (抗生剤)       0.5錠
ファモチジン(胃薬)      0.5錠
アトピカ50mg(シクロスポリン)   1錠

プレドニゾロンで免疫を抑えつつ、効果が出るのが遅いアトピカも同時使用
時間をかけて副作用の強いプレドニゾロンを減薬してアトピカに切り替えていく作戦

もしかすると原因は骨髄にあるかもしれない。
でも骨髄検査をすると麻酔をかけてワンコにつらい思いをさせるし、なによりも血小板が「0.0」の状態で体に針を刺すのはなるべく避けたいこと
治療方法は、原因が免疫介在性でも骨髄に問題がある場合でも同じ。
ワンコの骨髄の移植とかはないらしいから、とりあえず、お薬で様子を見ることにする。

散歩もしばらくお休み
免疫抑制をしているので草むらは絶対ダメ
ほかのワンコとの接触も気をつけるように

朝から何も食べてくれなかったけど、晩御飯と薬はしっかりと食べてくれて一安心

この日の夜、アトピカを飲ませておやすみ
でも、やっぱり夜中になって嘔吐
しっかり食べた晩御飯はすべて出し切ってしまった。

チッコもまだ、血尿だし
膀胱炎みたいに何度もトイレに行っては血を3滴くらい出して帰ってくる。
もう、辛そうで……


来てくれてありがとう!
ランキング参加中 ついでに 
↓ぽちっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ



[PR]



by moro-ro | 2017-03-26 13:53 | 血小板減少症 | Comments(0)

血尿とお腹の赤い斑点は…(備忘録)

プッチ3月6日で8歳になりました。
f0223972_19323653.jpg
これからも元気で楽しく暮らそうねってご機嫌だったのに…
3月10日からは、ばあちゃんと飼い主♂♀とプッチの4人で
箱根に行く予定でウキウキだったのに…

それは3月9日の午後8:30過ぎ
プッチ、血尿っ!
チッコが赤いだけじゃなくて 点々と床に血が落ちてる!

びっくりしてプッチを抱きかかえて、ネットで検索!
「犬 血尿」ググるとそんなに急を要する必要はない様子!
でもお腹を見ると赤い斑点が!
f0223972_19303462.jpg
かかりつけ医にTELするも留守電
もう一つのちょっと大きめの病院にTEL こちらはつながって夜勤の先生と話したところ、血尿よりもお腹の斑点の方が気になるので来てくださいとの事

血液検査の結果
なんと、血小板が「0.0」
ほかの数値は許容範囲
顕微鏡でみると血小板が全くないわけではないが、極少ない様子

血小板「0.0」の根拠を探すためにレントゲンとエコー
レントゲン特に問題なし
エコー 膀胱に血がたまっているのが確認できる。

先生いわく
「おそらく 免疫介在性血小板減少症 でしょう。早く来てもらって正解でした」

何らかの影響で免疫機能が血小板を攻撃して減少させてしまい、体の血が止まらなくなってしまう病気。症状は血尿、血便、鼻血、歯茎の出血、眼球の出血 腹部の紫斑などでプッチの場合は血尿と紫斑、あと歯茎も少し出血してました。
血液検査で貧血にはなっていないけど、明日の午前中もう一度検査して貧血がひどいようなら輸血をしないといけない。

30%が亡くなってしまう病気らしいっ!

処置は、ステロイドの注射
夜なので薬は無し

翌日からの箱根旅行は飼い主♂とばあちゃんの二人で行ってもらうことになり、飼い主♀とプッチは留守番になりました。

この病気のこと、ネットでたくさん出てるんだけど、ググってみても経過がどうなって結果がどうなるっていうようなブログが、少なくてとっても不安でした。
備忘録も兼ねて少しずつ綴っていきたいと思っています。


来てくれてありがとう!
ランキング参加中 ついでに 
↓ぽちっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ



[PR]



by moro-ro | 2017-03-24 22:43 | 血小板減少症 | Comments(0)

2009年生まれ。びびりーで、たまに強気?干し芋大好き!<LINK FREE>
by moro-ro(プッチママ)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

外部リンク

ファン

画像一覧