☆プッチ☆日記

免疫介在性血小板減少症372~378日目(再発3~9日目)

372日目(再発3日目)
紫斑はうすくなりつつあります。
血液検査の結果
f0223972_07035610.jpg
残念ながらまだ「0.0」のまま
顕微鏡で見ても増えてない様子
ステロイドの注射をしてみたらどうでしょうか?と先生に伺うと「注射の方が効果が早い可能性がある」との事で
ステロイドの注射を打つことに

374日目(再発5日目)
更に紫斑はうすくなりました。
血液検査の結果
f0223972_07034900.jpg
心の中で血小板頑張れ!と 祈りもむなしく「0.0」
顕微鏡でも変わらず
前回は発症5日目で正常値に戻ったのに…
「ステロイドの効果が表れるのがちょっと遅いですね。」と言われ
「先生、ステロイドで血小板が増えないとどうなるんですか?」
「ステロイドを増やしたり、他の薬を試します。」
「まだ、手はあるってことですね」
「そうです」
この話をしているときに先生に「他の薬ってなに?」尋ねればよかったのだが、飼い主いっぱいいっぱいで…

あとでネットで調べるとガンマグロブリンとかいう薬をつかうようで薬代がメッチャ高額でしかも一生涯に一度しか使用できないケースが多いらしい。
なるべくならこんなキツイ薬は使いたくない。

376日目(再発7日目)
血液検査の結果
f0223972_07034662.jpg
まだまだだけど「6」
増えた!増えた!
顕微鏡でも血小板がいるらしい!
正常値には遠くて安心はできないけど良い傾向

ちょこっと安心!

散歩はまだダメ!
というか、プッチが歩きたがらないんだよね。

378日目(再発9日目)
血液検査の結果
f0223972_07034359.jpg
戻りました!
再発から9日目、やっと…
一安心です。
散歩も少しならOK

でも疲れるのか歩くのが遅いし、そもそも歩きたくない様子。
無理は禁物です。

来てくれてありがとう!
ランキング参加中 ついでに 
↓ぽちっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ



[PR]



# by moro-ro | 2018-04-02 07:09 | 血小板減少症 | Comments(0)

免疫介在性血小板減少症370日目 断薬そして再発

前回の219日目よりずいぶんとご無沙汰しておりました。

経過

273日目 アトピカ25mg3日に一錠→断薬

断薬については、先生は基本飼い主の判断に委ねるが、やはりあまりお勧めしないとの事でした。
でも、断薬して元気な子もいるし…きっとプッチは大丈夫!などと何の根拠もないのに自信たっぷりで断薬に踏み切りました。

毎日、お腹を見ること。赤い斑点が出たらすぐに病院へ来ること。一カ月に一度は血液検査をすること。など言われて3ヵ月、何事もなくプッチは元気にしておりました。

351日目
いつもの血液検査
血小板 28.4 
他の数値も問題ありません。
このまま断薬続行です。

370日目
午前中 いつも通り散歩を済ませ、足を拭くときにプッチをひっくり返すと胸のあたりに小さな赤い点3つ!
いやな予感です。春だし、散歩の時に草とかに、かぶれたかな?と簡単に考える反面、いややっぱり再発かもしれない。
午後一番で病院へ行くことに…
病院に着くころには、歯茎に赤い点2つ、脚の鼠径部にも赤みが見られました。
再発、間違いない…

診察 血液検査で「再発です。血小板は0.0です。ですが、早い段階でよく見つけましたね」
超音波で腫瘍などしこりがないが確認→見る限り腫瘍などはないでしょう
f0223972_07040078.jpg
今日から投薬
プレドニゾロン5mg(ステロイド)2錠
ウルソ 50mg         1錠
ファモチジン          1/2錠
エンロクリア          1/2錠       
アトピカ50mg         1錠
セレニア (吐き止め)     1/2錠          

薬の効果
前回は5日目で正常値にもどりましたが、再発なのでステロイドがどれくらの反応を見せてくれるかわかりません。

早い段階での発見だったのでステロイドの注射はなし
食欲もあるし、下痢もなし
安静第一、散歩も禁止
まあ、元気がないので散歩の催促もなかったのですが…

夕方、アトピカを飲ませましたが、結局吐いてしまいました。前回と同じアトピカの副作用です。
もう、周りのカプセル部分が溶けてしまっていたので再度飲ませることはできません。

夜になって内出血はさらにひどくなりました。
もう、お薬の効果が表れることを祈るのみです。

ーーーーーーー
この病気の記録は飼い主の備忘録として、また 他のワンちゃんがこの病気で悩んでいるとき、運悪くこの病気にかかってしまった時に少しでも参考になればと思って書いています。

来てくれてありがとう!
ランキング参加中 ついでに 
↓ぽちっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ



[PR]



# by moro-ro | 2018-03-26 07:11 | 血小板減少症 | Comments(0)

免疫介在性血小板減少症219日目

免疫介在性血小板減少症 219日目

プッチは元気です。
f0223972_07100631.jpg
今回の検査結果
f0223972_07103929.jpg
血小板は、問題ありません。
腎臓はギリギリ
肝臓はちょっとオーバー
 でもこれくらいなら許容範囲ですって!


そして、免疫抗生剤が減薬!
アトピカ 2日に1回 25mg→3日に一回 25mg

うれしい限りです。


来てくれてありがとう!
ランキング参加中 ついでに 
↓ぽちっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ



[PR]



# by moro-ro | 2017-12-11 07:18 | 血小板減少症 | Comments(0)

免疫介在性血小板減少症186日目

免疫介在性血小板減少症を発症してから半年経過しました。

ずいぶんとご無沙汰してましたが、プッチは元気です。
f0223972_14155753.jpg
今回の検査結果

f0223972_07240266.jpg
血小板はOKなのですが、腎臓(BUN)の数値がちょっとオーバー気味
しかしながらクレアチニンの数値は範囲内なので様子を見ることになりました。

減薬できました。
プレドニゾロン(ステロイド)終了
ウルソ 終了
ファモチジン 終了
アトピカ 2日に1回 25mg

アトピカだけになりました。
ただ、ステロイドは下痢を止める効果もあるため、お腹の弱い子はステロイドをやめたせいで下痢になる場合もあるそうです。
普段からお腹を壊すことが多いプッチ、ちょっと心配でしたがステロイド断薬の影響の下痢は大丈夫でした。

このまま、血小板の数値が安定すれば次回は更なる減薬です。



来てくれてありがとう!
ランキング参加中 ついでに 
↓ぽちっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ



[PR]



# by moro-ro | 2017-11-23 14:21 | 血小板減少症 | Comments(2)

免疫介在性血小板減少症 159日目

血小板減少症 発症してから159日目

プッチは元気です。

f0223972_09214863.jpg
いつだったか、テレビ東京の散歩の番組でこの銅像出てましたね~
お墓参りの時にちょっと寄り道して撮影!

今回の血液検査の結果
f0223972_09563730.jpg
問題なし、順調です。
前回、高かった白血球の数値も元通り!
やっぱり抜歯の影響だったんですね。

先生から
「次回 減薬 断薬の相談をしましょう。再発が怖いのでできれば断薬はしたくありません。ワクチンや狂犬病予防接種も再発の引き金に成り得るので打ちたくないですね」

   がーん!!!
って事はですよ。もうプッチはお出かけに制限ができてしまうわけで…
予防接種をしてないと、プッチを連れて旅行にいってもホテルには泊まれない。ドッグランも無理!
ドッグランのボール遊びが1番大好きな事なのに…

いずれにしてもまだ減薬途中なのでどこで折り合いをつけるか少しずつ考えていかないと…


ーーーーーーー
この病気の記録は飼い主の備忘録として、また 他のワンちゃんがこの病気で悩んでいるとき、運悪くこの病気にかかってしまった時に少しでも参考になればと思って書いています。

来てくれてありがとう!
ランキング参加中 ついでに 
↓ぽちっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ



[PR]



# by moro-ro | 2017-09-13 09:58 | 血小板減少症 | Comments(4)

2009年生まれ。びびりーで、たまに強気?干し芋大好き!<LINK FREE>
by moro-ro(プッチママ)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

外部リンク

ファン